top of page

ホーム ≫ コラム一覧 ≫ 架線工事・通信線・光ファイバーケーブルの工事にドローンを活用!

運搬ドローンロゴ

架線工事・通信線・光ファイバーケーブルの工事にドローンを活用!

10-0.jpg

ドローンを活用した架線工事・通信線・光ファイバーケーブルの工事のメリットとは?

近年、ドローン技術の進展により、様々な産業分野での活用が期待されています。その中でも、通信線・ケーブル設備の架線工事の効率化においてドローンの活用が注目されています。

従来の架線工事は、人力による作業が中心であり、時間と手間がかかるうえに危険が伴うケースもありました。しかし、ドローンを活用することで、より安全かつ効率的な作業が実現できるようになりました。こちらでは、ドローンを活用した架線工事・光ファイバーケーブルの工事について解説します。

ドローンを活用した架線工事の概要

架線工事におけるドローンの活用は、主に以下の2点で効率化が期待されています。

パイロットロープの延線作業

架線工事におけるパイロットロープの延線作業では、ドローンを活用することで大幅な効率化が期待できます。
パイロットロープ延線作業では、まずドローンにパイロットロープ(直径数ミリの細いロープ)を装着します。次にドローンを目的地点まで飛行させることで架線作業を行います。このパイロットロープを手掛かりに、徐々に太いロープや最終的な電線を架線していきます。

ドローンを活用した架線工事の概要

ドローンを使うことで以下のメリットがあります。

 

  • 作業時間の大幅短縮

  • 人員削減によるコスト削減

  • 高所や障害物がある場所でも確実な延線が可能

  • 環境への影響が最小限に抑えられる

 

など、従来の人力による延線作業に比べ、安全性と効率性が大幅に向上します。

設備の点検・監視作業

ドローンを活用した設備の点検・監視作業には、主に以下の3つの方法があります。

◆上空からの目視点検
ドローンに搭載したカメラで上空から設備の外観を確認し、損傷の有無などを点検します。

◆赤外線カメラによる設備の温度測定
ドローンに赤外線カメラを搭載し、設備の温度分布を測定することで異常の有無を監視できます。

◆ドローンに装着したカメラによる撮影
上空からの撮影映像を解析することで、設備の状態を詳細に把握できます。

このようにドローンを活用することで、これまで人の目で見えなかった設備の状況を簡単に把握でき、点検・監視作業の効率化が期待されています。

光ファイバーケーブルの概要

通信線や光ファイバーケーブルは、電話やインターネット、テレビなどの通信サービスを支える重要な設備です。


特に光ファイバーケーブルは、大容量・長距離の通信を可能にする次世代の基幹通信網として注目されています。光ファイバーは伝送損失が小さく、電磁ノイズの影響を受けにくいため、高品質な通信を提供することができます。また、1本の光ファイバーケーブルで複数の通信チャンネルを確保できるため、効率的なネットワーク構築が可能です。このように光ファイバーケーブルは、高速大容量通信を支える重要な基盤技術として、今後ますます活用が広がっていくことが期待されます。

一方で光ファイバーケーブルは初期コストが高く、設備投資に時間がかかる点が課題です。今後はコストダウンと需要の拡大が見込まれています。これにより、通信線や光ファイバーケーブルの設備投資がこれまでよりも容易になり、より広範囲への導入が期待されます。特に地方部などの過疎地域においては、これまで整備が遅れていた情報通信インフラを効率的に構築できるようになるでしょう。また、これらのインフラ整備の過程で、ドローンの活用が大きな役割を果たすことが予想されます。

ドローン活用のメリット

ドローンを活用することで、通信線・光ファイバーケーブルの架線工事においても多くのメリットがあります。

広範囲の撮影が可能

ドローンを活用すれば、従来の地上からの撮影では難しかった広範囲の撮影が可能になります。高所の架線状況や遠方の設備の点検など、作業員が立ち入る必要がなくなります。

ドローン活用のメリット

例えば、長距離の通信線のルート確認などに威力を発揮します。ドローンを活用すれば、通信線や光ファイバーケーブルの敷設ルートを全体的に俯瞰することができ、障害物の有無や地形の状況を把握しやすくなります。これにより、事前の詳細な現場調査が可能となり、最適なルート選定や工程計画の立案につなげることができます。また、ドローンの撮影映像を活用すれば、地上からの目視では確認しづらい高所の点検や遠隔地の設備状況の把握も行えるため、作業の効率化と安全性の向上が期待できます。

このようにドローンの活用によって広範囲の撮影に加え、危険な場所や視認性の悪い場所の撮影も可能になり、作業の効率化と安全性の向上が期待できます。

危険な高所作業が不要

ドローンを活用することで、通信線や光ファイバーケーブルの架線工事において高所での作業が不要となり、転落などの重大災害リスクが大幅に低減されます。

従来は電柱や鉄塔に登り、ケーブルの設置・点検作業を行っていました。しかし、このような高所作業には下記のような危険が常に伴います。

 

  • 転落による重大災害の危険性

  • 高所恐怖症の影響による作業能率低下

  • 救助困難による事故時の重大化

 

一方でドローンを活用することで、広範囲の撮影が可能となり、作業員が地上から映像を確認しながらケーブル設置などの作業指示を行えます。これにより、高所作業が不要となり、転落リスクがゼロとなります。

作業効率の向上

ドローンの活用は、通信線・光ファイバーケーブルの架線工事の作業効率を大幅に向上させることができます。従来の方法では、高所作業が必要となり、安全面でのリスクが高く、作業時間も長くかかっていました。
一方、ドローンを用いることで、広範囲の撮影が可能となり、安全な場所から状況を確認できます。また、手作業で行っていた高所での作業が不要になるため、作業時間の短縮にもつながります。

このように、ドローンの活用は通信線・光ファイバーケーブルの架線工事において、大きな効率化が期待できます。

架線工事をドローンによる空輸業務でサポート!

静岡県浜松市にあるやまびこドローンでは、林業で長年培ってきた経験を活かし、林業・土木・建設や登山関連設備の空輸サービスを提供しています。特に、山間部や林業地での通信線、光ファイバーケーブルなどの架線工事において、ドローンによる空輸は、従来の工事を劇的に効率化することが可能です。

ドローン空輸のメリット

◆困難な地形へのアクセスも簡単

山間部や林業地は、車両での搬入が困難な場所が多く、資材運搬に大きな労力と時間がかかっていました。しかし、ドローンを使えば、険しい地形や急斜面でも安全かつ迅速に資材を運搬することが可能です。

 

◆作業員の負担軽減

資材の運搬作業は、重労働で作業員の負担が大きくなります。ドローン空輸を導入することで、作業員の負担を大幅に軽減し、安全性の向上にもつながります。

 

◆工期短縮とコスト削減

ドローンによる空輸は、従来の工法よりも短時間で作業を完了することができます。また、作業員の負担軽減や安全性向上により、トータルコストの削減にもつながります。

やまびこドローンの強み

◆林業現場での豊富な経験
林業で培ってきた経験を活かし、山間部や林業地での作業に最適なドローン空輸サービスを提供します。

◆国家資格保有の熟練パイロット
国家資格を持つ熟練パイロットが、安全かつ効率的にドローンを操縦します。

◆徹底した安全管理
航空法令を遵守し、整備管理を徹底した安全なドローン空輸サービスを提供します。

◆お客様のニーズに合わせた柔軟な対応
お客様のニーズに合わせて、最適なドローン空輸プランをご提案します。

通信線・光ファイバーケーブルなどの架線工事でお困りの方は、ぜひやまびこドローンにご相談ください。

架線工事・通信線工事にドローンを活用したいとお考えならやまびこドローン

会社名:株式会社やまびこドローン
代表取締役:榊原康久

設立:2022年12月(事業開始2022年5月)

資本金:700万円

所在地:〒431-3301 静岡県浜松市天竜区横川2645
電話/FAX053-924-0014
(お電話がつながらない場合は、お問合せよりご連絡ください。)
URLhttps://www.yamabiko-drone.com/

bottom of page