top of page

ホーム ≫ コラム一覧 ≫ 架線工事の方法で注目!ドローン導入で安全性・効率アップ

運搬ドローンロゴ

架線工事の方法で注目!ドローン導入で安全性・効率アップ

9-0.jpg

架線工事の方法で注目!ドローン導入で架線工事の安全性・効率アップ

架線工事の方法には様々な課題があります。その課題を解決するために、近年ドローンの活用が注目されています。
ドローンを架線工事に活用することで、以下のようなメリットが期待できます。

  • 高所作業の危険性が回避できる

  • 作業の自動化により人手不足が解消できる

  • 遠隔地での作業が効率化できる

こちらでは、このようなドローン活用のメリットを中心に、架線工事の現状や課題、運用時の課題と対策などを詳しく解説していきます。

架線工事の従来の課題

架線工事における従来の課題は主に以下の3点です。

高所作業の危険性

電線工事では、高所での作業が欠かせません。地上100mを超える鉄塔の上で電線を張り替える際には、高所からの落下事故のリスクがつきまとい危険を伴います。

架線工事の従来の課題

胴綱と呼ばれる命綱を装着するのはもちろん、ボルトやナット、工具一つ一つにもひもを結び付け、落下を防止するなど、安全配慮を徹底する必要があります。手元が一度滑るだけでも、大事故につながるおそれがあるためです。また、高電圧にさらされるリスクも存在します。鉄塔上ではビリビリする電荷が体に溜まり、感電の危険があります。そのため、電荷を逃がす導電性の作業着を着用するなど、感電防止対策も重要となっています。

人手不足や高齢化による生産性低下

建設業界では人手不足や高齢化が深刻な課題となっています。特に架線工事の分野では、作業に必要な高所作業の経験や資格を持つ技術者が不足しており、高齢化も進んでいます。このため、作業の効率化や安全性の確保が大きな課題となっています。限られた人員で高所作業を行うことが困難になっており、生産性の低下にもつながっています。このような状況の中、ドローンの活用は架線工事の生産性向上と安全性の確保に大きな効果が期待できます。

遠隔地での作業の非効率性

送電網の架線工事では、遠隔地での作業が避けられません。山間部などの人里離れた場所に送電線が通っていることも多く、そのような場所への移動や資材の運搬に多大な時間を要します。
また、人里離れた場所では通信環境が悪いため、本社など拠点との連絡が取りづらくなり、指示待ちなどでさらに作業が遅延するリスクがあります。
遠隔地での架線作業では、以下のような非効率が生じるのが一般的です。

  • 移動時間の長時間化

  • 資材運搬の手間と時間

  • 通信環境の悪さによる作業遅延

ドローンの活用により、これらの遠隔地での非効率性を大幅に改善できる可能性があります。

ドローン活用のメリット

高所作業の危険性回避

送電線や鉄塔の点検作業は、高所での作業が避けられません。従来の方法では、作業者が架線に直接乗ったり、鉄塔に登ったりして目視確認をする必要がありました。
このような高所作業には、以下のような危険が伴います。

ドローン活用のメリット
  • 転落による怪我や死亡事故のリスク

  • 感電によるリスク

  • 強風や落雷等の自然災害による危険

 

一方、ドローンを活用した点検では、作業員が鉄塔や電線に直接触れる必要がありません。ドローンが上空から撮影した映像を解析することで、遠隔で点検が可能になります。つまり、これまでのような危険な高所作業を行う必要がなくなり、安全性が大幅に向上するのです。

作業の自動化で人手不足解消

ドローンを活用することで、送電線の点検作業の自動化が図れます。これにより、従来の目視点検に頼らざるを得ない状況を改善し、高齢化が進む作業員の人手不足の問題を解消することができます。
具体的には、AIによる自動飛行と画像解析を組み合わせることで、以下のような自動化が可能となります。

  • ドローンの自動飛行ルート設定

  • 撮影した画像の自動解析による異常箇所の特定

  • 異常箇所の自動記録と位置情報の特定

このように、AIとIoTの活用によりドローンの自動運用が実現すれば、作業員の人手を最小限に抑えつつ、効率的な点検作業が実現できます。

効率的な遠隔監視が可能

ドローンを活用することで、遠隔地の架線工事の監視が効率的に行えます。従来は人力による足場の設置や送電線へのアクセス方法が必要でしたが、ドローンであれば空からの監視が可能です。
離れた場所から操縦できるため、作業員を現地に派遣する必要がありません。また、複数のドローンを同時に飛行させることもでき、広範囲の効率的な監視が実現します。
例えば以下のような監視が考えられます。

  • 不審者の監視

  • 工事の進捗状況の確認

  • 現場の安全確認

このようにドローンを活用することで、遠隔地の架線工事における安全性と効率性が大幅に向上します。

ドローン運用における課題と対策

ドローンを安全・円滑に運用するには、以下の課題への対策が必要です。

操縦技術の習得

架線工事においてドローンを安全かつ効率的に活用するためには、操縦技術の習得が不可欠です。まず基礎的な操縦訓練から始め、以下のような高度な技術までステップアップしていく必要があります。

 

◆技術例

  • 高所の鉄塔上空での微調整

  • 障害物の回避操縦

  • 風や気象条件への対応

 

操縦技術の習得には、座学と実技の両面からの訓練が欠かせません。座学では法令やマニュアルの熟知、実技では模擬環境での反復練習が求められます。

このように、ドローン運用には高度な知識と技能が必要とされ、継続的な訓練と経験の蓄積が重要になってきます。

法規制への対応

ドローンの運用には様々な法規制があり、適切に対応する必要があります。主な法規制を以下の表にまとめました。

航空法では、人口集中地域での飛行高度制限や飛行禁止エリアが定められています。電波法では、電波の発射・受信に関する規制があり、例えば障害物のある場所では通信が途絶える可能性があります。また、個人情報保護法の観点から、ドローン空撮の際は個人が特定されないよう細心の注意を払う必要があります。

 

このように法令を遵守しつつ、ドローンを安全かつ適切に運用することが重要となります。

セキュリティ対策

ドローンの運用においては、セキュリティ対策も重要な課題となります。不審者によるドローンの不正利用を防ぐため、ドローン本体への機密保持対策が求められます。
具体的には、以下の対策が考えられます。

  • GPSによるドローンの位置特定と不正利用の検知

  • ドローン本体への機密情報の非搭載

  • ドローン操縦者の本人確認と認証の厳格化

  • ドローンのセキュリティパッチの適用

このようなセキュリティ対策を組み合わせ、ドローンの安全運用を徹底することが不可欠です。

架線工事でドローンを活用するならやまびこドローンへ!

ドローンの活用により、架線工事における大きな課題が解決できることがわかりました。
従来の工事では下記の課題がありました。

  • 高所作業の危険性

  • 人手不足や高齢化による生産性低下

  • 遠隔地での作業の非効率性

これに対しドローンを活用することで、

  • 高所作業の危険性を回避

  • 作業の自動化で人手不足を解消

  • 効率的な遠隔監視が可能

となり、安全性と生産性の両面で大幅な改善が見込まれます。
今後は操縦技術の習得やセキュリティ対策など運用面の課題にも取り組みながら、AIやIoTとの連携でさらなる高度化を目指していくことが重要です。

やまびこドローンは、林業で培ってきた経験と高度な操縦技術を持つ熟練のドローンパイロットが、架線工事など車両での運搬が困難な場所への資材運搬をサポートいたします。
ドローンによる空輸で、作業効率の向上、安全性の向上、コスト削減を実現したいとお考えの方は、ぜひやまびこドローンにお問い合わせください。

架線工事でドローンを活用するならやまびこドローン

会社名:株式会社やまびこドローン
代表取締役:榊原康久

設立:2022年12月(事業開始2022年5月)

資本金:700万円

所在地:〒431-3301 静岡県浜松市天竜区横川2645
電話/FAX053-924-0014
(お電話がつながらない場合は、お問合せよりご連絡ください。)
URLhttps://www.yamabiko-drone.com/

bottom of page