top of page
  • 執筆者の写真yasuhisa sakakibara

林野庁・一般社団法人 林業機械化協会主催の「林業イノベーション現場実装シンポジウム」で登壇させて頂きました。

2月8日(木)に林野庁・一般社団法人 林業機械化協会主催の「林業イノベーション現場実装シンポジウム」のピッチイベントに出席し、登壇させて頂きました。

今回のシンポジウムは林業の安全性や生産性を向上し、より魅力ある産業として発展させるためには、林業の特性を踏まえた新技術の開発・実用化を進め、林業現場への導入を加速する「林業イノベーション」が必要です。本シンポジウムは、林業イノベーションを促進するため、各地域における取組や最新の技術開発の動向を紹介するとともに、関係者の交流の場を提供しますという形で開かれました。

当日は約100名の方に運搬ドローンによる林業架線のリード線運搬というテーマでお話をさせて頂きました。


更なる伐採を行う為に需要が見込まれる林業架線。

林業架線を張る為にはロープを持ったまま直登せねばならず、崖や沢を超えたりする場合もあり、重労働かつ危険リスクの高い作業です。

そこをドローンで安全に運ぶことをテーマにお話をさせて頂きました。




閲覧数:19回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page