top of page
  • 執筆者の写真yasuhisa sakakibara

<イベントレポート>想いをこいのぼりと共にドローンに乗せて飛ばす!『小川の里オートキャンプ場 空飛ぶこいのぼりショー』

更新日:4月27日

ドローンを使用した物資運搬事業を展開する株式会社やまびこドローン(浜松市天竜区、代表:榊原康久)が2023年4月29日(土)に静岡県浜松市天竜区にて主催した、こどもの日の特別イベント『小川の里オートキャンプ場 空飛ぶ鯉のぼりショー』が無事終了し、山間地域の地元の小学生などに先端技術である大型運搬ドローンを見て頂きました。


『地域の将来を担う⼦供たちのために何かできないか︖』と考え、ドローンを通じ て先端的・先進的な産業にも関⼼を持ってもらいたい、希望や夢を思い描いてほしいという 思いから、私どものドローンにこいのぼりと地域の⼦供達のメッセージを書き込んだ旗(バ ナー)を吊って⾶ばすという今回のイベント。

当日は⼤型ドローンが、鯉のぼりが、みんなの想いを載せたバナーが悠然と⼤空を泳ぐ光景を地元の方やキャンプ場のお客様など約50名の方にご覧頂きました。

優雅に空を舞うこいのぼり


気田川河川上空にてこいのぼりの川下り


写真左側が敷地約9200㎡の広さを持つ小川の里オートキャンプ場


地上より会場の様子


地上からは応援したり、見守る子供達


横断幕に書かれた「横山小150周年記念」の文字と児童や関係者様達のイラスト


飛行計画19枚の内の1枚、立入禁止区域についての資料。

<イベントの実施体制について>

パイロット1名、安全運行管理者1名、監視員4名全員インカムを装着し、状況の把握や意思疎通をし安全管理の下イベント開催を行いました。


*開催前のプレスリリ―スについては下記からご覧下さい。




閲覧数:86回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page